トレーニングポリシー

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

このページを見てくれてありがとうございます。

私たちはこんなことを大切にトレーニングをしています。

「褒めてしつける」と「厳しくしつける」は反対語ではなく同意語。

一見反対語に聞こえる二つの言葉は、裏と表みたいな関係。

「それは良いこと」と教えることも必要だけど、「それはダメなこと」と教える必要もあります。一番大切なことはそこに愛情があるかどうかです。

形を教えるよりも、もって生まれた良さを引き出す。

どんな犬ももって生まれた才能が隠されています。

決まった形を教えることよりも、先にその犬の良さを探します。

だから犬にも人にも無理のない楽しいトレーニングになります。

犬が楽しそうといわれることが最高の喜び。

犬同士、がっこうでの楽しみ方を日々見つけていきます。

遊びも家と違って思いっきり走り回れるから、全開で楽しめます。

色んな遊び道具もそろっているから、体にも頭にも刺激がいっぱいです。

犬同士のルールもキチンと教えるので、ただの暴れん坊にはしません。

節度のあるメリハリの利いた遊びだから、安全に楽めるんです。

私たちは「犬が楽しそう」といわれるのが最高にうれしいのです。

出来ないことは避けるのではなく、出来た喜びを教える。

嫌なことは取り除いてあげる、それも一つのやさしさです。

でも犬にそれを乗り越える力があったらどうでしょう。

その力は育ててあげないと、埋もれたままになってしまいます。

何かを乗り越えたとき、犬には自信になりますし、飼主さんにとっては大きな喜びになります。

家庭犬として周り(犬だけではなく人)に迷惑をかけないことが最優先。

良い犬の定義はショードッグ、働く犬、大会で成績が良い犬など、いろいろありますし、それぞれ素晴らしいと思います。

犬のがっこうエコールが考える良い犬の条件は、

家庭犬として周り(犬だけではなく人)に迷惑をかけないこと。

一緒にいる時間が長い家庭犬は、ついつい甘くなってしまいます。

家庭犬ならではのトレーニングの難しさもあります。

愛される犬になってほしいから、周りに迷惑をかけない練習だけは、徹底します。

犬を通じて、最高のあなたに出会える。

相手は生き物ですから、簡単に言うことを聞いてくません。

だから根気が必要な場面がたくさんあります。

多くの人が「犬じゃなくて私の問題ね」と気付いてくれます。

誰かの責任ではなく自分の問題として、犬と向き合ったとき、最高の自分があなたの中にすでにあることを思い出させてくれます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email